PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

ダブル

作者の永井するみさんは昨年亡くなられたんですよね。全然知らなかった。前に他のを読んだとき好きな感じだったので、最高傑作と言われてる本書を買ってみました。

週刊誌記者の多恵と主婦で妊婦の乃々香。不可解な死亡事件をめぐっての二人のせめぎ合い。やっぱり永井するみさんは女性心理を描くのがうまいなぁ。無駄な描写がないので、映像として想像しやすい。事件の遺留品がキーになってるんだけど、多恵だからこそ女性だからこそ、その存在が異様に映るんだよな。女性にしか書けない小説ですね。『ダブル』の意味も後々分かってくるんだけど予想外でしたよ。そんなに複雑ではないので読みやすいです。

テレビドラマにしても面白いんじゃないかなー。演じる人によっては怖くなりそうだけど。とっても面白かったよ。おすすめです。

4575513326ダブル (双葉文庫)
永井するみ
双葉社 2010-02-12

by G-Tools

posted by がるぼ at 21:25 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

COMMENT















非公開コメント

 

TRACKBACK URL

http://galbokko.blog121.fc2.com/tb.php/788-a0759505

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。