PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

空をサカナが泳ぐ頃

ライトノベルって初めて読んだかも。ファンタジー系なんですけど、芯がしっかりしていて読みやすかったです。空中にサカナが泳いでいるのが見えるようになった主人公と仲間達の話なので、サカナの名称がいっぱい出てきます。ナポレオンフィッシュといっても、どんなサカナかわからないしー。そこは飛ばして読みました(爆)

諦めた夢、本当の自分への開放ということかしら。主人公と仲間達って自分を飾らないのね。そこは気持ちのいい関係だなと思った。自分が見えてくると周りも見えてくる。自分が変われば周りも変わるということが、あらためてわかったような気がした。登場人物に肩入れするみたいな気は全然おきなかったですけど。

こういう軽い感じの小説もたまにはいいなと思った。なかなか面白かったですよ。
でもファンタジー系はやっぱり得意じゃないです(笑)

4048702831空をサカナが泳ぐ頃 (メディアワークス文庫)
浅葉 なつ
アスキーメディアワークス 2011-02-25

by G-Tools

posted by がるぼ at 21:53 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

COMMENT















非公開コメント

 

TRACKBACK URL

http://galbokko.blog121.fc2.com/tb.php/768-d83c4111

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。