PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

彩乃ちゃんのお告げ

教主さまと呼ばれる小学5年生の彩乃ちゃん。その彩乃ちゃんとの出会いで、少し人生が変わった、小さな奇跡が起こった3人のお話。

彩乃ちゃんは教主さまと呼ばれるだけあって不思議な力を持ってる。その不思議な力は、あるときは癒しであったり、勇気であったり、自分と向き合うことだったり。大きな事件はないのだけど、口数が少なく、いつもまっすぐに背筋を伸ばし、凛とした佇まいの彩乃ちゃんが、とっても神々しく感じられる。外見は子供でも中身は教主さま。小学5年生にして自分の役割を悟ってるんですね。彩乃ちゃんのさりげない優しさ(お告げ)が、ジワ~っと心にしみます。ただ小学5年生同志の話は好きじゃないです。子供の残酷さがちょっと見えて。それも人間なんでしょうけど。

こういう癒し系の本もいいなぁ。薄い本で読みやすかったですよ。優しい優しいお話です。


4062768410彩乃ちゃんのお告げ (講談社文庫)
橋本 紡
講談社 2011-03-15

by G-Tools

posted by がるぼ at 22:16 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

COMMENT















非公開コメント

 

TRACKBACK URL

http://galbokko.blog121.fc2.com/tb.php/754-73cfc89b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。