PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

しゃべれどもしゃべれども

TOKIOの国分太一クン主演の映画「しゃべれどもしゃべれども」を観てきました。
ストーリーはこちらで。しゃべれども しゃべれども - goo 映画

派手な映画じゃないです。お行儀のいい映画。正直最初は退屈。みんな変わり者だし、太一クン最初は落語下手だし着物に着られてるし。物語が進むにつれて引き込まれていく。太一クンもどんどん落語が上手くなるし立ち振る舞いも噺家らしくなっていく。下町の風情がとってもいい。路地裏。ほおずき市。風鈴。寄席のある風景。古きよき日本を感じる。粋な日本
人とのコミュニケーションをとること。自分の思いを伝えることが苦手な面々が落語を通じてどんどん成長していく。心を通い合わせていく。みんな悩んでることは一緒。自分の思いを完璧に伝えることが出来る人なんていない。誰もがもどかしい想いをしてる。素直に「ありがとう」「ごめん」が言えなかったり。。。でもねー。言葉だけじゃダメなんだよね。心があってこそ言葉は生きるもの。思いやる気持ちは伝わるものなんだ。忘れがちだけど。

落語の場面が沢山でてくるけどみんな見事なの。師匠役の伊東四朗さんの味わい深い落語。太一クンが最後に披露する表情豊かで見入ってしまうような落語。子役の子の関西弁の愛嬌たっぷりの落語。落語って面白いんだなぁ。っていうか俳優さんってすごい!子役の子はすごいです。大阪のおばちゃんのような捲くし立てる関西弁と子生意気なガキぶり。でも実は繊細で思いやりのある子という役どころを可愛らしく演じてる。そのうえ落語でしょう。素晴らしいです。
一番好きだったのがおばあちゃん役の八千草薫さん。いつものおっとりじゃなく気風のいい粋なおばあちゃんなの。すごくカッコいい!あんなおばあちゃんになりたいな。観た人それぞれに感じる何かがある映画だと思う。私は好きな映画です。

posted by がるぼ at 14:52 | テレビ・映画 | CM:0 | TB:0 | TOP▲

COMMENT















非公開コメント

 

TRACKBACK URL

http://galbokko.blog121.fc2.com/tb.php/299-b193395a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。