2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

パッサージュダンフェ

パッサージュダンフェ新しい香水を買ったんですよ。ラルチザンパフュームのパッサージュダンフェ 大阪でウロウロしているときに見つけた。前から試してみたかったんだ。

日本名『地獄通り』という恐ろしい名前とはうらはらに優しい香りです。地獄通りはパリのお店の住所らしいんだけど、天国への入り口という意味もあるらしい。白百合とお香のオリエンタル系の香りに分類されてる。私はお香をそんなに感じないんだけど。百合と最後に残るムスクがいいのよ~。親しみやすいだけじゃなく奥深い。私はおんなぽい香りや重い香りは得意じゃない。香り初心者の方にもおすすめかな。使いやすいと思う。オードトワレだしね。男性が使っても全然OKですよ。

私の定番香水は、エルメスの地中海の庭なんだけど、香りの傾向としては同じだったかもと買ってから気付いた(爆) 私がつけると。ですけど。地中海の庭より全然万人受けする香り。地中海の庭は、直接肌に触れると赤くなるけど、ラルチザンは大丈夫なの。地中海の庭をつけるときは、空気中にまいて通り抜けてます。←そこまでしなくてもって感じか。てもめっちゃ好きだからつけたい。

ラルチザンの香りいいですよ~。ミュールムスク(黒いちごとムスク)、ヴェルテヴァイオレット(青いスミレ)も好みだったんだよなぁ
スポンサーサイト

posted by がるぼ at 22:41 | 綺麗ごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

東京ラスク

東京ラスク東京のお土産でお気に入りなのが東京ラスク。柔らかいサクサク感がすごく好き。写真は、広島の百貨店で期間限定で販売されてた時に買ったもの。ずいぶん前ですけど。。。

アールグレイ+オレンジピール、メープルは単品で。後ろはシュガーとガーリックの壊れ。一番好きなのはメープル。メープル大好きなんで。メープルの風味と甘さが絶妙にいいの。何度食べても美味しいわ~
アールグレイ+オレンジピールは香りが強すぎてちょっと好みじゃなかった(-_-;)
シュガーとガーリックは定番ですからねー。落ち着きますわ。安定した美味しさ。

最近は有名なお店も期間限定で販売してくれるから嬉しいな。

posted by がるぼ at 19:09 | 食いしんぼ | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

ドリコムRSS

お気に入りのブログリストの更新を見るのに便利に使ってたドリコムRSS。9月末でサービス終了だってーー。困ったよ~。移転推奨先のlovedoorを登録してみたけど、更新マークは可愛くない「NEW」だし、それも6時間だし。全然好みじゃないよ。

BlogPeopleに戻すしかないのかなー。ping送信してないと更新マークされないから止めてたんだけど。仕方ないのかなー。BlogPetもサービス終了しちゃったし寂しくなったもんです。といって新しく設置したいと思うものもないし。ブログはTwitterに食われちゃうのかな。

posted by がるぼ at 18:33 | Blog | CM:2 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

広島学

題名通り広島について書かれてる本です。著者は名古屋出身の広島には何の縁もない人。客観的に見れるということはあると思うけど、少々通って地元の人に話を聞いたぐらいじゃわからんじゃろというのが感想。

著者は60代ぐらいの人なのかな。たぶん同じ年代か年上の方に話を聞いたんでしょうかね。広島出身の著名人は多いし移民も多い。歴史の部分はかなり詳しいんじゃないかと。ってかよく知らんのじゃけど(汗)

気質についてラテン的という表現には???でした。カープの応援を見たらそう思うのかな。悪いことが起こっても「起きたもの仕方ないじゃん」とあっさりしてる人が多いとは思う。だから熱しやすくて冷めやすいと言われるわけだし。でないとカープファンやっとられんわ(爆) 基本穏やかな人が多いと思うけどな。
カープを応援するのはラテン的気質だからじゃない。広島に球団があるから。地元意識の高さ。広島県人会が他県に比べて盛り上がる理由もそこだと思うけど。気質に関しては多くの広島人が納得するとは思えない。

著者はあとがきとは裏腹に愛着がないのね。なので住んでみんとわからんよと。

4101260257広島学 (新潮文庫)
岩中 祥史
新潮社 2011-05-28

by G-Tools

posted by がるぼ at 19:17 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

空をサカナが泳ぐ頃

ライトノベルって初めて読んだかも。ファンタジー系なんですけど、芯がしっかりしていて読みやすかったです。空中にサカナが泳いでいるのが見えるようになった主人公と仲間達の話なので、サカナの名称がいっぱい出てきます。ナポレオンフィッシュといっても、どんなサカナかわからないしー。そこは飛ばして読みました(爆)

諦めた夢、本当の自分への開放ということかしら。主人公と仲間達って自分を飾らないのね。そこは気持ちのいい関係だなと思った。自分が見えてくると周りも見えてくる。自分が変われば周りも変わるということが、あらためてわかったような気がした。登場人物に肩入れするみたいな気は全然おきなかったですけど。

こういう軽い感じの小説もたまにはいいなと思った。なかなか面白かったですよ。
でもファンタジー系はやっぱり得意じゃないです(笑)

4048702831空をサカナが泳ぐ頃 (メディアワークス文庫)
浅葉 なつ
アスキーメディアワークス 2011-02-25

by G-Tools

posted by がるぼ at 21:53 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。