2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted by がるぼ at --:-- | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP▲

≫ EDIT

ナポリタン食べたい!

無性に食べたくなる時があるもの。それはナポリタン
イタ飯屋さんにあるトマトソースでおしゃれに飾ったのじゃなくて、ケチャップ味で油ギトギト。体に悪そうな感じ(笑)のやつ。昔なつかしい感じが郷愁をそそるのかしら。小さい頃レストランで食べたなぁとか。お弁当の片隅に入ってたりとか。考えてみればご飯と麺だからおかずにはおかしいんだけど。
一時姿を見なかったけど最近人気がでてきたらしい。コンビニでも売ってるし。『喰いタン』の主題歌は「愛しのナポリタン」でした。当然のことながら今日のお昼はナポリタン!でございました。
スポンサーサイト

posted by がるぼ at 13:42 | たわごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

風の影

ここ数日睡眠不足にさせてくれた本。風の影(カルロス・ルイス・サフォン著)
スペイン・バルセロナの10歳の少年ダニエルが、フリアン・カラックスの「風の影」という本を手にしたことから物語が始まる。「風の影」に感激したダニエルが謎の作家カラックス自身にも興味をもち彼の過去を調べ始める。ダニエルが少年から青年へ成長していく現実とカラックスの謎にみちた過去。この二つがいつしか重なり合っていく。という物語。

『このミステリーがすごい!』にもランキングされてる本なんだけど、ミステリーと片付けてもいいのかどうか。ミステリー的な部分はもちろん、恋愛、親子の愛情、友情、裏切り、スペイン内戦の歴史など要素が沢山つまってる。思い通りにならないやるせなさと切なさ。フリアンを取り巻く人々がかかえる影。悲しすぎる事実。そして愛の力に感動しました。涙もろい私は泣きながら読みましたよー。時代背景の暗さ、登場人物の多彩さもあり、上巻の途中まではあんまり進まなかった。それ以降は一気です。ダニエルは?フリアンは?どうなっちゃうの~???てな具合に。登場人物のセリフひとつひとつに魂の入った本だと思いました。
読み応えのある本を読みたい方にぜひおすすめダニエルと一緒に謎解きの世界に入れば、きっと私のように寝不足間違いなし。

4087605086風の影〈上〉 (集英社文庫)
Carlos Ruiz Zaf´on 木村 裕美
集英社 2006-07

by G-Tools

posted by がるぼ at 14:08 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

カレー柿ピー

カレー柿ピー.JPGデパ地下をうろうろしてて見つけた京都の宇治式部郷カレー柿ピー。カレー味の柿ピーなんて珍しいじゃない。好奇心抑えられず。
袋を開けるとカレー味だよ~んというそのものの匂い(当たり前) あられは大きめ。本物の柿の種と同じくらいの大きさかな。黄色だよ~。ピーナッツも大きめ。もちろん黄色く染まっております。あられは堅めで食べ応えあり。カレーの風味は濃いよ。キツイくらいのスパイス効きまくり。ちょっと苦味も感じる大人味。男性が好きそうな味。これ絶対ビールに合うと思う。飲めない私がビール飲みたいと思ったもん。もう少しまろやかなカレー味の方が私は好みですがね。お酒好きのみなさん。そごうのデパ地下へε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪

私はお酒弱いんで普通の柿ピーの方が好きかな。これはこれで美味しいと思うんだけど。思うに、柿ピーというよりは、カレー味のあられとピーナッツ。ピーナッツがあられの濃い味をまろやかにしてくれるところに柿ピーの美味しさがあると思うんだけどそれがないのよ。柿ピーとは全く別物でしょうね。525円で袋にたっぷり入ってます。柿ピーって海外のお土産にすると喜ばれるそうですよー。

posted by がるぼ at 14:16 | 食いしんぼ | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

てるてる坊主の歌詞

友達に「てるてる坊主の歌詞知ってる?」と聞かれました。♪てるてる坊主てる坊主。明日、天気にしておくれ♪。。。そのあとわからん。知ってます?正解は↓
てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ 
いつかの夢の空のように 晴れたら金の鈴あげよ

てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ
私の願いを聞いたなら 甘いお酒もたんと飲ましょ

てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ
                       (作詞 浅原鏡村)

びっくりでしょう。子供たちがこれを歌ってるのを想像すると嫌ですなぁ。思い通りにならなかったら罰を与えますよってことじゃん。むごいなぁ。よく考えれば、グリム童話も残酷な話で有名だし、日本の昔話も犬を殺しただの、背中に火をつけて仕返ししただの怖いよねぇ。なんでだろ?

posted by がるぼ at 12:58 | たわごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

好きな寿司ネタは?

今日は父の日です。我家でも一日早く昨日しましたよん。父親の好物お寿司を食べに『すし辰』へ。高いお寿司屋さんには行けませんから回転寿司です。ここはネタが大きく新鮮で美味しいんですよ~。従業員の方も元気で親切。常に笑顔。気持ちのいいお寿司屋さん。私の廻りでは一番の回転寿司屋烈として君臨しております。いつも大繁盛なんだけど昨日は特に多かったぁ。食事時に行ったこともあって50分待ちでした。最高記録じゃ!

私の好きな寿司ネタを発表します(誰も興味ないって?)
1位 スーパー炙りサーモン
サーモンの表面を炙ってその上に玉ねぎのスライスがてんこ盛り。またその上からバーナーで焼き仕上げにマヨネーズをたっぷり。いつも2皿食べる。最初と最後に。うーー。考えただけでヨダレが。。。たぶん店の一番人気だと思う。

2位 アジの姿握り
アジの身の部分を取った残りで船の形のお皿にしてある。アジのお寿司も生姜と小口ネギが乗ってて美味しいんだけど、なんといっても骨を揚げてもらえるの。骨せんべいです。香ばしくて美味しい。昨日は売り切れで食べられなかった。残念。

後はその時々で変わる。牛肉のたたき、焼き穴子、さより、サラダ巻き、海老フライ巻きとか。いつも迷ってしまうのよね~。お寿司大好き。日本人でよかったわぁ(^O^)
西条の「すし鮮」も美味しいと評判ですね。「すし辰」と同じ会社がやってるそうなので絶対美味しいはず。地元ネタでしたぁ。ペコリ(o_ _)o))

posted by がるぼ at 09:38 | 食いしんぼ | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

ワーキングガール・ウォーズ

墨田翔子、37歳、未婚、入社15年目、有名企業企画部係長。恋人・人望ともになし。の主人公が社内の悪意に挑んでいく物語。裏の説明文で「面白そう!」と衝動買いした本です。柴田よしきって好きな作家だし。

翔子は『仕事は出来るけど嫌なお局さん』と周りから思われてると思っている。嫌われてるならそれでもいいやとワザとそういう風に振舞ってる。こういう人ほど寂しがり屋で繊細なもの。傷つきたくないから。社内の女性同士の関係も面倒な時あるしね。自分とオーバーラップする部分もあって(◎-◎;)!! リアルな描写が満載です。
そんな翔子がひとり旅をきっかけに徐々に変わり、本来の可愛らしい性格もチラチラと見せるようになる。翔子の人間的成長と並んでもうひとつの筋が、社内の悪意に立ち向かってく事。犯人捜し。軽いミステリーですね。シュレッター事件、盗難事件、マニキュア事件。ひとつひとつ解決していく翔子は凛として嫌な女じゃない。その解決の仕方も見事。最後の一発廉と啖呵は惚れ惚れするほど格好いいです。彼女を一番大きく変えたのは、自分を認めてくれる人の存在と会社(仕事)に対する目標。嫌いな自分から悪くない自分に自己評価が変わったんでしょうなぁ。自分が変わると廻りも変わったように感じる。そういうもんでしょう。自分の見せ方というのは難しい。そして働くということは大変なことです。

面白くって一気に読みました。負け犬なんて言葉吹き飛ばせ。「負けないもんね!絶対に」明日からも頑張りましょう

410139623Xワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫 し 50-3)
柴田 よしき
新潮社 2007-03

by G-Tools

posted by がるぼ at 14:30 | 本・ゲーム | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

ドット・ペディキュア

nail070611.JPGお目汚し失礼します。ペコリ(o_ _)o))
久々にネイルサロンで足のお手入れしてもらいました。パックと角質取りをしてもらいふわふわツルツルでございます。ペディのデザインは人気のドット柄です。雑誌に薄いペールブルーと紺で載っていたのを白っぽいパールピンクと赤とに色を変えてちょっとデザインもアレンジ。小指までドット柄なんだよ~。3Dのお花劣がアクセント。中指にストーンを入れてもらったので纏まりがよくなったと思う。年甲斐もなく可愛すぎないかい?というのは言いっこなしでお願いします。
ごめんなさいねー。ピンボケで。。。絨毯にピントが合ってるじゃんねー

新しく出来たサロンで30%offだったのぉ~。安かったし大満足1ヶ月持たしてやる~ぅ。(`0´)ノ オウ!

posted by がるぼ at 15:15 | 綺麗ごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

眉山

映画の割引券があったので母親を誘って映画を観てきました。ストーリーはこちらで。眉山-びざん- - goo 映画

まんまの製作者に意図にはまり泣きながら観ました。母親と娘の映画ですもん。もともと涙もろいうえに隣に母親がいりゃ泣くって!泣かせよう泣かせようとする場面がこれでもかぁ~ってな具合。最後に「お母さんのこと。だーーい好き」だもん。ベタだと思ってもグッときてしまっただよー。
母親役の宮本信子さんは気丈な江戸っ子お母さん役がはまりまくり。着物の着慣れた感じや振る舞いが粋でカッコいい。あんなおしゃれで粋な浴衣着てる病人いないって。何もかも自分の中にしまいこんで娘にさえも本音を語らない。目の奥にいろんな感情が溢れてました。主役は松嶋菜々子さんではなく宮本信子さんでしょうね。
松嶋菜々子さんって鼻の下長いのにどうしてあんなに綺麗なんでしょうか?母親の思い出を辿って歩く場面や阿波踊り会場での場面はイメージフィルムのようでした。背が高くて細いと映えるんだなぁ。阿波踊りの画面はさすが綺麗でした。本場の阿波踊り見てみたいなぁ。
親が亡くなることは考えられないけどいつかは来るんですよね。私を一番愛してくれてるのは親。感謝しながら大事にしないといけませんね。私もお母さん大好きです。(/(エ)\)キャー最後に大沢たかおさんがやった役みたいな人。どっかにいませんか~(笑)

今日のランチは「九州料理屋 周作」ここがヒット!1500円の松花堂弁当を食べた。佐賀牛のステーキ最高。ご飯がお茶碗に山盛り。チューブに入った辛子明太子が出てくるんで、それをかけて食べるの。お腹いっぱいですわ。お部屋も掘りごたつでくつろげる。母親もすごく喜んでた。ランチはおすすめですよ~。
ボーナスが入ったので洋服と日傘を買ってあげた。遠慮しちゃって欲しい物の言わないんだ。だから無理やり(笑)母親だけじゃいけんので父親には釣り用にウィンドブレーカーを買った。二人ともすごく喜んでくれたよん。

posted by がるぼ at 15:23 | テレビ・映画 | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

天中殺だったのか?

今年に入ってから話題の風水建築デザイナー。金スマにも出てましたよね~。占いは当たるも八卦当たらぬも八卦。人によって合う合わないがあると思っている。その占いによると私の星は2004~2006年まで天中殺だったと言ってた。天中殺だといつもモヤモヤして些細なことを深く悪く考えてしまうとも。
思い当たるのよね~。この何年か大きな悪い出来事はなかったけど、心がスッキリとしてなくていつもどんよりしてる感じ。そのどんよりの原因がわからない。仕事の方でも経営方針の影響で暇になっていくばかり。「私、給料泥棒だよ~」といつも思ってた。自分の存在価値を見出せない。おしゃれもする気が起きない。ブティックの人に「最近おしゃれしてないでしょ。ダメだよ」と見透かされたこともあった。気分を変えようと色々やってみるんだけど長続きしない。友達ともすれ違いみたいなことが多かった。ギスギスしてたのね。きっと。今思えば軽い鬱状態だったかも。
それが、今年の2月の終わり頃から仕事が忙しくなった。ボーっとした日々が回り始めたみたい。先日昇進してお給料も増えた。仕事が楽しくなって来たところ。休日もなんやかんやと動き回ってる。気がつくと心にかかっていたモヤモヤがなくなってる。「何とかしなきゃ」と思うことがなくなってきた。憑き物が落ちたような感じ。ブログの更新頻度も上がってるでしょう。最近なんだかとっても元気なのです

ピタリとはまったなぁと思った。でも某風水建築デザイナーを信じてるわけじゃないよ。番組見ててかなり引いたもん。風水は信じてない。掃除をして居心地のいい部屋にすればそれが一番だもの。風水よりも掃除です。

posted by がるぼ at 13:27 | たわごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

≫ EDIT

人付合いは腹六分目

先日『オーラの泉』を見てたら美輪さんが言ってた。「人との付合いは腹六分目がちょうどいい。それ以上でもそれ以下でも弊害が起こる。人の良い面とだけ付き合えばいい。そうすれば自分がハッピーで居られる」と。美輪さんの言葉はいつも深くて(*゜0゜)ハッ!!とさせられる。

確かに土足で踏み込まれるようなことは嫌。見られたくないことだってある。反対に踏み込んでしまえば、見たくないものまで見てしまう。人それぞれ価値観違うしね。腹六分ぐらいが礼節をわきまえたいい関係でいられるんだそう。会社関係は特にそう在りたいな。
美輪さんは家族も友達も一緒と言ってた。家族であっても勝手されると腹が立つし、自分の意見を押し付けてしまうこともよくない。イザコザのもと。相手を尊重するということが大事なのかな。そう考えると家族でも腹六分目の方が良い関係でいられるのかも。家族にはいつも楽しく過ごしてほしいものね。「良い面とだけ付き合って後は知らん振りでいいの」と美輪さんは言ってたけど、これは難しい。嫌な所ばかりが目についてしまうことあるし。( ̄へ ̄|||) ウーム。私が悟るのはいつのことやら。

posted by がるぼ at 13:16 | たわごと | CM:0 | TB:0 | TOP▲

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。